Kyujin CareerLink Vietnam(キャリアリンクベトナム 日本人求人)

Kyujin CareerLink Vietnam(キャリアリンクベトナム 日本人求人)
https://kyujin.careerlink.asia/vietnam

約2年半前に紹介したCareerLink Vietnam (キャリアリンクベトナム)の日本人向け求人サイトがオープンしていたので紹介します。

こちらのサイトはベトナムで仕事を探している日本人向けに作られているサイトなので、もちろん全て日本語で記載されています。サイトを見てみると、日本人向けの求人は多種多様にわたっています。若い人材や経験豊富な人材を求めている営業職はもちろんのこと、日系工場の管理者やエンジニアの求人も多くあるようです。オフィス関連の仕事ですと、ブリッジSEなどのいわゆるIT系の求人が多いようです。人事や総務の求人もあるようですが、他の部署と兼任する日本人が多いこともあり募集としては少ないです。意外な求人ですと、公認会計士やデザイナーといった仕事も見つかるようです。
地域としてはハノイやホーチミン市の仕事が多く、ハノイ近郊のハイフォンやバクニン、ホーチミン市近郊のビンズンが続いて多く求人があるようです。

以前、紹介したCareerLink Vietnam (キャリアリンクベトナム)と違うところは、サイトを見るだけでは「ベトナム語と日本語」、「ベトナム人向けと日本人向け」というのが容易にわかります。
実は、他にも違うところがあるようです。それは、CareerLink Vietnam (キャリアリンクベトナム)では求人情報を掲載するのにお金が必要なようですが、日本人向けのKyujin CareerLink Vietnam(キャリアリンクベトナム 日本人求人)は人材紹介会社のウェブサービスになりますので、掲載自体には料金がかからず無料となっているようです。もし、人材の採用を決めたら、その際にお金が必要になる、いわゆる成果報酬型の求人広告サイトとなっています。

このサイトは求人広告だけでなく、ベトナムで人材を採用したい企業様には必要不可欠な外国人労働許可証の取得方法やベトナムの祝日といった情報が載っています。またベトナム人を採用する際に参考となるベトナムの大学ランキングというページがあり、企業様にとっては大変有り難い情報です。

意外なコンテンツでは、ハノイやホーチミンのラーメン店の情報が充実しているところです。多分、ラーメン好きのスタッフさんがいるのでしょうね。

<サイト運営会社情報>
キャリアリンク株式会社
ホーチミンオフィス:R302, 270-272 Cong Hoa, Tan Binh, HCMC, Viatnam

ハノイオフィス:307, 535 Kim Ma, Ba Dinh Dist., Ha Noi, Vietnam

SUSHI JOB(スシ ジョブ)

SUSHI JOB(スシ ジョブ)
http://www.sushijob.com/

SUSHI JOBは、寿司職人の方や日本料理経験者、和食料理人が海外で就職したい時には必見のサイトです。
サイトを運営しているのは東京スシアカデミーグループの株式会社TSAキャリア様になります。この運営会社は、寿司職人や和食料理人に特化した人材紹介会社です。また職人だけでなくスタッフレベルの人材についても、紹介してくれるようです。
こちらのウェブサイトには、掲載するだけなら無料で出来るようですが、サイトから人材を獲得としたら紹介料が発生する成功報酬型の人材紹介を行っているようです。

母体となる東京スシアカデミーは、その名の通り寿司職人や和食料理人を育成する専門学校を運営しております。東京と大阪に教室があり、最短2ヶ月から寿司職人としての道を切り拓くことが出来るコースがあります。受講料は2ヶ月のコースで75万円(入学金含む)と安くないですが、その後のキャリアを考えると決して高いものではないです。

世界的に見ても寿司は、日本食の中で広く受け入れられている料理の一つです。特に驚くのは、世界的に見ても生魚を食べる文化のない国のほうが多いにも関わらず、寿司だけは受け入れられており寿司ネタの生魚は食べられるという人も少なくありません。私のように海外で生活する日本人は、このことに皆驚いています。
寿司職人や和食の料理人というのは、需要があるので海外で就職する選択肢の一つとして良いと思います。

ウェブサイトを見ていますと驚いたことが1つあります。海外、特にタイにおいて日本人の求人は日本での採用と比べると3割から5割程度給料が安くなることが多いです。しかし、寿司職人や和食料理人の求人を見ていると、日本採用と給料は大して変わらないということです。マネージャーや店舗責任者になれば、日本よりも高いということもあるようです。

SUSHI JOB内にはSUSHI JOBを利用して仕事を見つけた寿司職人や和食料理人の方のインタビューが数多く載っています。中には女性のインタビューも掲載されていて、日本にいると寿司職人は男性というイメージがありましたが、それは勝手な私のイメージだったんですね。
これから海外で就職を考えられている寿司職人や和食料理人にとっては、とっても参考になるサイトです。

<サイト運営会社情報>
株式会社 TSAキャリア
〒160−0023 東京都新宿区西新宿8−2−5ウェストビル4階

GJJ海外就職情報デスク

GJJ海外情報デスク(ミャンマー)
https://www.kaigai-shushoku.com/求人情報/求人情報-ミャンマー/

こちらのGJJ海外就職情報デスクは、GJJという会社が運営しているようです。このGJJというのを調べてみましたが、特に情報は出てきません。どうやら「GJJ」がGlobal Jinzai Jukuの略語ということのようです。サイトの正式名が「GJJ海外就職情報デスクProduced by グローバル人材塾」なので略さずに書くと、グローバル人材塾海外就職情報デスクProduce by グローバル人材塾なのでとてもややこしいですね。

GJJ様が提携されている企業はJACやRGF、インテリジェンスなどの大手人材紹介会社ばかりです。しかし、GJJ自体はあまり大きな会社ではないようで、新宿2丁目にあるレンタルオフィス「CROSS COOP」(https://crosscoop.com/office/shinjuku-avenue)を借りられているのみのようです。日本国外を調べてみても、海外の拠点が記載されておりませんので、海外に拠点はおかずに提携企業からの情報だけを頼りにされており、自社では営業を行っていないようです。それもあって、東南アジアなど海外の情報に関する信憑性は高くないようです。

GJJ海外就職情報デスクは、ミャンマーの求人情報だけでなく、東南アジアはもちろん、中国・香港・日本の東アジアの求人情報も掲載されているサイトになります。ミャンマーだけでなくアジア全域で活躍したい人や進出を考えている企業様にとっては、重宝する求人サイトですね。

ミャンマーという地域は、これらから日系企業の進出が増加していくと期待されている国ではありますが、現状はまだまだ日系企業の絶対数が少ないことから、求人情報の更新は他の国と比べても少なく月に2件から3件、多くても5件にとどまっています。ただ募集されている求人内容を見ると、経験年数や応募条件が厳しくないにも関わらずミャンマー事務所の責任者やマネージャーなどのポジションが多い印象です。責任のある仕事をしたい方や、やりがいを求める人にとっては新天地ミャンマーで働くというのも面白いのではないかと思います。

<サイト運営会社情報>
GJJ株式会社
〒160-0022 東京都新宿区新宿2-5-12 FORECAST新宿AVENUE 6F

NyoNyum(ニョニュム)

カンボジア生活情報サイト「NyoNyum(ニョニュム)WEB」の求人欄
http://nyonyum.net/archives/177

ここはカンボジア情報サービス合資会社(Cambodia Joho Service inc. )が運営しているカンボジア生活情報サイトです。2003年にフリーペーパー「ニョニョム」を発刊し、その後、ニョニョムのウェブ版として公開されたのがこちらのサイトです。(ニョニョムはカンボジアで年に6回発行されています。)
カンボジア情報サービス合資会社は、フリーペーパー以外にもカンボジアの工芸品・民芸品などを取り扱うニョニョムショップの運営や、クメール語の翻訳・通訳、クメール語の情報誌「ニョニョム クメール」などと幅広く事業を行っているようです。

カンボジア情報サービス合資会社の代表の山崎 幸恵さんは、1994年に青年海外協力隊員としてカンボジアにやってきたのをきっかけに、カンボジアに住み始めたそうです。そう考えると、カンボジア在住歴は20年以上になります。
この山崎さんは王立プノンペン大学初の外国人留学生という肩書も持っており、クメール語の通訳や翻訳者として、カンボジア情報サービス合資会社を立ち上げたそうです。

カンボジア生活情報サイト「ニョニュム WEB」の求人欄に掲載されている求人情報はあまり多くありません。また募集中の求人情報には全て「NEW!!」と赤字で書かれているため、情報の新しさについては疑問です。
しかし、カンボジアにある企業様であれば、料金の記載がないこともあり恐らく無料で掲載出来ると思います。それを考えると企業様にとっては良心的なサイトですよね。掲載のお問い合わせページがありましたのでリンクを貼っておきます。(http://nyonyum.net/inquiry

この記事を書いている時点では、求人欄の一番上を使って、カンボジア情報サービス合資会社で一緒に働いていてくれる日本人の営業スタッフを募集されています。営業力に自信がある人や、カンボジアで働いてみたい人にとってはいい機会ですよね。給料が応相談になっているので、もしかしたら結構もらえるのかも知れないですね。
男性陣にとっては嬉しいことに女性が多い職場のようです。

<サイト運営会社情報>
カンボジア情報サービス合資会社(Cambodia Joho Service inc. )
No. 4, St. 432, Sangkat Boeung Trobaek, Khan Chamkamon
*オフィスはニョニュムショップ本店と同じ建物にあります。

CareerLink Vietnam (キャリアリンクベトナム)

CareerLink Vietnam (キャリアリンクベトナム)
http://www.careerlink.vn/ja

ベトナムでベトナム人を探したいときに便利なサイト。こちらの求人サイトは日本人経営者によって運営されているようです。日本語での表示もできるようですね。主にベトナム人の採用情報を載せいているサイトのようですが、ベトナム人のみの求人情報というわけではなく、外国人の求人情報なども掲載されているようです。ただ、日本人の求人というよりは外国人全般というような表現になっているものが多いのでそれなりに英語ができないと応募は難しいかもしれません。

タイやシンガポールなどを含めた東南アジア全般で言えることだと思いますけれど、以前は現地のタイ人・シンガポール人などを探す場合には新聞や人材紹介会社への依頼などが昔からよく使われている求人方法でした。でも最近は、インターネットを使って現地の人たちを探すというアプローチも多く行われており、このような求人ウェブサイトは増えていますね。最近はインターネットの普及にともなって閲覧者も多いようで現地で有名なこのようなサイトは非常に便利だと思います。ジョブタレンツさんなんかと同じアプローチでしょうかね。

ただ、ジョブタレンツさんのウェブサイトは、掲載が無料でタイ人を採用できた際に成功報酬を払うというもののでしたが、こちらのサイトはおそらくタイやシンガポールなどでも一般的に行われている、広告掲載料形式のサイトさんだと思います。つまり、最初に掲載料金を払って掲載させてもらうだけで、ジョブタレンツさんのように採用したらお金を支払う、というタイプのサイトではないということです。その分掲載料は安くなっているはずです。

シンガポールだとジョブストリートというサイトが結構有名でよく使われているようでして、ベトナムにもこちらのサイトもあるようですけど、仕事の数などを見てみるとベトナムではキャリアリンクさんの方が求人情報が多そうです。こういったことも少し調べるとわかりますので、国ごとにその国で有名なサイトを利用していくといいですね。ちなみに、こちらのジョブストリートは、シンガポール、インドネシア、マレーシアではかなり有名なサイトのようですがタイやインドなどでは知名度が低いようです。ジョブズディービーなんて名前の求人サイトもありますね。このサイトは元々華僑系の方が運営していたサイトということでしたが、ジョブストリートとジョブズディービーは同じ会社に買収され、現在運営主体は1つの会社によって行われているようです。

ちなみに、このキャリアリンクというサイト、ベトナム人の登録者数が150万人と書かれています。これが本当ならすごい求職者数ですね。ベトナム人大半の人はインターネットで仕事を探しているということでしょうか。ベトナムというのは、タイなんかと比べてもインターネットの普及率がかなり高いのかもしれません。

タイ式マッサージ.com(マッサージ師の求人)

タイ式マッサージ.com(マッサージ師の求人)
http://www.thaishikimassage.com/recruit/recruit.html

タイ式のマッサージについてまとめられたサイトです。こちらの求人ページは日本でタイ式マッサージ師の求人を取り扱っているようで、直接タイでの求人に関係しているわけではないようですが、個人的に興味深かったのでこちらに掲載させていただきます。

ここのウェブサイトもWaiWaiThailandさんが運営しているウェブサイトのようですね。私も旅行などで東南アジア中のマッサージ店に訪れていますが、マッサージの技術はタイが一番なのではないかと感じています。ワットポーのタイ式マッサージの学校が有名ですけれども、バンコクやチェンマイには数多くのタイ式マッサージを教えてくれる学校があるようですね。

日本人のタイマッサージ師の方々も、チェンマイなどで1年~2年ほど勉強されて日本でタイ式マッサージのお店でマッサージ師として働かれる方も多いようで、そのような方が転職先を探すときなどはこちらのウェブサイトは重宝するのではないかと思います。

それにしても日本にはずいぶんたくさんのタイ式マッサージのお店がありますよね。台湾式マッサージなんていうのはよく聞きますが、ベトナム式やカンボジア式マッサージなんていうのは全然聞かないということを考えても、やはりタイのマッサージはしっかりした方法が確立されていてすごいんだな、と思っています。

なお、日本でタイ式のマッサージ師になって日本のマッサージ屋で働きたい場合にはどうすればいいのかですけど日本で整体師になるのに資格は必要ないようです。タイでタイマッサージを学んだとしても、タイ政府が発行しているマッサージ師の資格のようなものもないようで、
あえて言うならばマッサージスクールの修了証が資格と言えるものだということ。「マッサージスクールの上級課程を終了」とか「マッサージスクール40時間コース終了」というような具合ですね。ただ、これはマッサージ師として雇われて働く場合の話で、マッサージ店を日本で開業したい場合には日本の国家が認定するマッサージ師の資格が必要なようです。この資格を取得するためには、厚生労働大臣の指定を受けた教育機関で3年間マッサージに関する勉強をしなければならないですし、その後日本の国家試験の受験資格を得て、テストを受け国家試験に合格しなければならない、と中々ハードルが高いようです。

ところで蛇足ですが、バンコクでは有馬温泉という名前のマッサージ屋が日本人には非常に人気があります。バンコクにいらっしゃった時にはぜひ一度立ち寄ってみてください。

JobTalents(ジョブタレンツ)

JobTalents(ジョブタレンツ)
http://jbtalents.com/

タイで比較的新しく出来たタイ人の求人・採用サイト。掲載が無料で採用できた場合にタイ人が実際にもらう月給の0.2か月分程度を払えばいいのだそうです。東南アジアの人材紹介の相場は採用した候補者の2ヶ月~3ヶ月分くらいだと聞いたことがあるので、これはずいぶん安いですね。

この会社は日本人が設立した会社のようで、日本にある人材会社のビジネスモデルを真似て作られたようです。日本で、掲載無料で応募者の人が内定が決まったらお祝い金を払うというシステムを採用することによって、求職者が内定した際に、求職者が内定したことを申請することによって企業側に料金を請求するというものがありますが、あのモデルを採用したものですね。タイにはすでに数多くの人材紹介会社あるようで、少し違う角度からのアプローチは面白いかもしれませんね。

この会社を調べていたときに興味深かったのが、タイの失業率。なんと、0.67%で、世界的に見ても低率の失業率だようです。バンコクの町を歩いていると、昼間から特に仕事をするわけでもなくふらふらしている人を多く見る気がするのですが、ああいった人はそもそも計算の母体に入れられていないのでしょうかね。タイに行った実感としては、世界で4番目に低い失業率、といわれてもあまりピンとこないものがあります。

何はともあれ、日系の会社でタイ人向けの求人サイトを運営する会社が出てきたというのは頼もしい限りですね。